脱毛症は必ず治ります

脱毛症は必ず治ると思いますか?

 

私が円形脱毛に気が付いたのは20歳の頃でした。いつもの様に髪をコテで巻いていた時に、右側のこめかみ上部分あたりが小さく脱毛しているのに気がつきました。

 

 

 

よく考えてみると、ここのところ抜け毛が多く、床にも自分の髪がパラパラと落ちていました。

 

 

大丈夫だろうと思いながらも一応皮膚科を受診しました。

 

 

 

担当の医師が私の毛根を、器具を使って観察していました。そして、まだまだ抜けると思いますと言われたのです。

 

 

 

私の毛は細くなっており、これは髪の休止期を表しているとのことでした。とにかく早く治療を始めましょうということで、紫外線療法がとられました。

 

 

しかし、そこからあれよあれよと言う間に脱毛箇所は増えていき、半年後にはほとんどの髪がなくなりました。でも医師や看護師が頑張って治療をつづけましょうと励ましてくれ、週に2回という頻度で通いました。

 

 

その努力が実ったのか、1年後に産毛のようなものが無数に生えてきました。それを見た医師がもう大丈夫と太鼓判を押してくれた時は思わず泣いてしまいました。

 

 

きっかけは何だったのかわかりませんが、当時私は髪を頻繁に染めていました。

 

 

 

更にもともとのアレルギー体質が災いして脱毛してしまったのだと思います。

 

 

 

それ以来、髪染めはやめ、食事をしっかり摂るようにしているからか再発はしていません。

 

 

セルフカットの度に白髪の量が増えている事に気が付いて

ここ数年セルフカットを続けていて特に感じるのが、最近になって白髪の量がかなり目立ってきた事。

 

 

セルフカットを始めたばかりの頃は、頭全体を通してみても10本に満たない程度だったのですが、ここ1年で一気に増え、現在ではゆうに100本から200本は混じっている様な気がします。

 

 

その間特別ストレスを感じる様な出来事も無く、比較的リラックスして過ごしてこれたつもりですが、やはりそれ以上に加齢の影響が一気に出てきたという事なのでしょう。

 

 

白髪の量が一気に増えたからと言ってどうこうする訳でも無く、染めもせず普段通り過ごす事に変わりはありませんが、ロマンスグレーが似合う程ルックスが良い訳でも無く、また髪の毛のボリュームがある訳でも無く、今後の対処は意外と難しいかも知れません。

 

 

ならば髪の毛の質自体が目立たぬ様、思い切り短くしてしまうのがベスト。

 

 

 

結局のところ、今まで通りセルフカットで短髪を維持していた方が一番楽でお金も掛からない、という結論に落ち着いたのです。

 

 

 

過敏な皮膚

私は、20代を最後にヘアカラーが出来なくなりました。

 

 

 

もともと顔が敏感肌で自覚はありましたが、30代の時カラーリングをしたら頭皮に激痛が走り途中で断念したことがあります。

 

 

 

カラー剤が頭皮にしみることで痛みが出る人は時々いるそうです。

 

 

私は、それ以降カラーリングをした事はありません。

 

 

髪ね毛を傷めないし、しないならしない方が良いのでしょうが、そこはお洒落をしたいお年頃としてはいろいろ試してみたいのが本音です。

 

 

そこで、ヘアアレンジをしてみようと本を買ったり友達から教えてもらったりしたのですが、自分では全然うまくいかないんです。

 

 

ヘアアイロンを買ったり、髪を巻くクルクルドライヤーを買ったり、カーラーやお洒落なピン、隠しピン、夜会巻きできるセットやお団子をボリュームアップするセット、ヘアケア剤、アレンジワックスなど様々なものを駆使しても全然うまくならないヘアアレンジです。

 

 

「慣れ」が一番らしいのですが、何度練習してもうまくならないので、もう諦めています。

 

 

ヘアアレンジが上手い人に憧れます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です