カラーリングの効果が薄い欠点を何とか克服して

カラーリングの効果が薄い欠点を何とか克服して

使っています。

 

 

 

何度か美容院に通いカラーリングをお願いしてきた中での傾向なのですが、どうも私の髪質は脱色し難い様で、かなり強めのカラーリングを施しても中々思う様に明るくならず、その都度担当スタイリストを悩ませてきたものです。

 

 

この色合いで、と指定しても、大抵はサンプルで出された色合いよりもだいぶ暗くなってしまい、中には本当にカラーリングをしたのだろうか?と思える程にその効果が出ないケースもあったのです。

 

 

このまま無理してカラーリングを重ねても髪の毛や頭皮を痛めるだけ、と判断した私は、数年前から一切カラーリングを止め、地の髪の色を素直に活かすスタイリングを心掛ける様になりました。

 

 

ロングに過ぎると全体的に雰囲気が重くなってしまいがちだったので、思い切ってショートに纏め、全体的に軽くなる様カットしてもらう様になりました。

 

 

幸い癖っ毛気味だった事もあり、少々工夫すればエアリー感も演出出来、黒髪のままでも何とか重くならずに済んだという面もあったでしょう。

 

 

これからも、明るいカラーリングにこだわらないヘアスタイルのバリエーションを広げていきたいものです。

 

 

 

髪の毛が多すぎる!

私はものすごく髪の毛が多いです。どれくらい多いのかというと、世界で髪多いランキングを作るとしたら多分30位以内には入るのではというくらいです。

 

 

美容室では必ず「髪多いですねー」と言われます。90%以上の確率で言われます。心の中で「知ってます」と答えています。

 

 

一度など、「すごい、一つの毛穴から3本も4本も出てますよ」と分析してくれた美容師もいました。自称髪の多い人が「髪多いからポニーテールとか後ろでまとめる髪型しかできない」とか言うことがありますが、それは誤りです。本当に髪が多い人は髪を束ねることすら出来ないからです。

 

 

 

ゴムは切れて飛びます。バナナクリップなどもはじけ飛びます。もうずっとおかっぱです。

 

 

一番嫌なのがドライヤーです。乾くのに時間がかかるのです。

 

 

 

なんだかとても無駄な時間を費やしているような気分です。

 

 

 

私は面倒くさがりで、もういいやと思い完全に乾かさずに寝たりするのですが、翌日は凄まじくはねています。

 

 

出産後はホルモンバランスの関係でごっそり髪が抜けると言いますが、私の場合は全然そういうことはありませんでした。

 

 

 

出産して、今か今か、抜けろ抜けろ、ととてもワクワクしていたのですが期待外れでした。

 

 

贅沢な悩みだと言われるかもしれないですが、悩みは悩みです。年齢と共に少しずつ薄くなっていくのを待つしかありません。

 

 

天然ストレートヘアの作り方

天然パーマなので、ストレートヘアを楽しみたい時はヘアアイロンを使っています。

 

 

ストレートヘアにはちょっとしたこだわりがあって、ストレートパーマをかけず、ヘアアイロンを使うのは、パーマにするといかにもパーマかけました!という感じの、針金のような真っすぐすぎるストレートになってしまうからなんです。

 

 

理想は、もとからストレートであるかのような、自然なストレートにすること。
それにはアイロンのかけ方にも、ちょっと工夫していることがあります。

 

 

それは、出かける当日にアイロンをかけるのではなく、前日の夜にかけることです。そんなことしたら寝癖が付いてしまうんじゃないかと思うかもしれませんが、これが意外と大丈夫なんです。

 

 

正確にいうと、癖は確かに付きます。でもそれは、自然なストレートヘアに見えるくらいに、アイロンが取れる程度の癖がつくだけなんです。ピンピン跳ねてしまうレベルの癖はつかないんですね。

 

 

このちょっとした工夫で、簡単に理想の自然なストレートヘアを手に入れられます。もしかしたら私自身の髪質のおかげでこうなるだけで、万人に当てはまるやり方ではないかもしれませんが、もし良ければ参考に試してみてくださいね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です